敷金トラブル、現状回復トラブル、マンション退去時トラブルの解決!!敷金・礼金は解約引きと契約書に書いてあっても返還される場合が多い。ましてや自然損耗ではないとして、追加してお金を請求されていませんか?先ずはか電話にて無料相談下さい。
サワダ建築事務所
tel 072-851-1301
マンション退去時トラブルの現状
敷金トラブル解決への道
TOP
賃貸マンション
入l居時の注意事項
参考事例
判例
退去前の注意点
国交省ガイドライン
訴訟の方法
小額訴訟のメリット
小額訴訟の利用条件
小額訴訟にかかる費用
小額訴訟の訴状作製
小額訴訟-証拠
強制執行
小額訴訟裁判
判決
小額訴訟被告側
全国の簡易裁判所




賃貸マンションを退去する際の敷金等のトラブルは、借主さんの殆どの方を悩ませているのが現状です。
家主さんは、何とかお金を出してもらおうとしますし、ある意味プロですし、実際には家主の代理として不動産関連業者が立会うのが殆どで、「普通は・・・」とか「今までは・・・」とか言われると、知識のない借主は殆ど言われるまま泣き寝入りです。
そんな泣き寝入りをすることなく、借主の代理として敷金の返還交渉をする専門家が、敷金バスターです。

自然損耗って?
敷金と礼金って違うの?
経年劣化って何?
通常の使用って???
畳の日焼けは?
テーブルの足の後型はt?
タバコのヤニは?
ペンキのはがれは?
クロスのカビは?
押入れのカビは?
床クッションフロアーの浮き・ハガレは?


等々、借主さんは解らない事だらけです。これでは家主側の言いなりです。

ある事例ですが、クロスの黒カビに対して家主側の「なにか思い当たる事ありませんか?」に借主さんは「そう言えば、換気あんまりしていなかったかな」に家主側「それが、原因です。」って、原因は全て借主さんに有るようになってしまいました。
とんでもない話で勿論そんな場合でも、敷金・礼金を超えて払わなくても良い場合があります。

最近では、そんな敷金トラブルを解決する為に国土交通省が原状回復のガイドラインを公表したり、話し合いで解決出来ない場合の小額訴訟も、一般の方でも簡単に出来る様に、しかも安い費用で出来る様になっています。
契約書に特約があっても、それが法外であれば敷金の返還を認められる例もあり、あきらめる必要はありません。

又、礼金と契約書に書かれていても返還請求に関しては敷金と同様出来ます。要は敷金であれ保証金であれ礼金であれ法的には全く同じ事なんです。

法律的には入居時の一時金(敷金・礼金・保証金)は家賃滞納や部屋を故意に損壊させた場合の保証金なんです。通常使用の自然損耗の原状回復の費用は毎月の家賃や修繕積立金などに含まれているという考えで家主さん負担が基本的な考えです。

また、2011年の高裁の判例では更新料については、屋賃の低料金化に伴う補充的な意味合いで、常識的に法外で無ければ認められる事になりました。勿論契約書には明記され、借主と貸主が理解している事が求められます。

又、敷金・礼金の判例も最近では、上記更新料と同様の考え方の判例が多くなっています。即ち法外でなければ賃料の低料金化に伴う補充提な意味合いであれば、認められるというものです。但しその場合、通常損耗は貸主負担の考え方が一般的です。

今一番多いのは、敷金・礼金は契約書でも書いてあるので仕方ないが、追加に補修費を請求される場合が非常に多いです。とんでもない話ですので、おかしいな?と思えば一度ご相談下さい。相談は無料ですので、お気軽に御連絡ください。
パソコン操作の方法 株式投資 健康ダイエット ネットショッピング 旅行の計画 大峰山とは
大峰山-世界平和を祈る 大峰山の山伏 お墓参り 大峰山大峯山大嶺山 般若心経
枚方市牧野周辺の不動産 建築相談 日曜大工 敷金トラブル 施工図
木造住宅の耐震診断 建築確認申請 家屋検査 住宅の設計  建築申請memo